本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和3年度 技術士第一次試験問題【専門科目】

V−1

コンパイラに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

@ ソースプログラムの読込み、構文解析、字句解析、中間語作成、最適化、コード作成の順に経て、目的プログラムが得られる。

A 整数として宣言された変数が実数として使われるような誤りを「構文上の誤り」という。

B のぞき穴最適化 (あるいは、のぞき穴式最適化) とは、コンパイル対象のソースプログラムの局所的な部分だけを見て行われる最適化である。

C JIT (Just-In-Time) コンパイラとは、必要になったときにJavaのソースプログラムをコンパイルするコンパイラである。

D 共通部分式の削除とは、2回以上出現する同じ式に関して、その式の値が変化しない場合に、計算を1回だけ行うようにコード生成を行う最適化である。


類題

H23 W-5

H29 V-4


正解

D


解説

@ ソースプログラムの読込み、字句解析構文解析、中間語作成、最適化、コード作成の順に経て、目的プログラムが得られる。

A 整数として宣言された変数に実数を入れても、整数になる。一方構文上の誤りは、字句規則や構文規則に反しており、正さない限りコンパイルできない。

B のぞき穴最適化は、コンパイルされたオブジェクト (機械語) の局所的な部分だけを見て施す最適化である。

C JITコンパイラ (Just-In-Time compiler) は、プログラムの実行時にソースコードや中間コードから機械語への変換を行い、実行速度の向上を図るコンパイラのことである。

D 正しい。

目次 V−2