本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 高度情報技術者試験問題と解説

問28

ある期間の生産計画において、図の部品表で表される製品Aの需要量が10個であるとき、部品Dの正味所要量は何個か。ここで、ユニットBの在庫残が5個、部品Dの在庫残が25個あり、他の在庫残、仕掛残、注文残、引当残などはないものとする。

 ┌────────┬────────┬────────┐
 │  レベル0  │  レベル1  │  レベル2  │
 ├───┬────┼───┬────┼───┬────┤
 │ 品名 │数量(個)│ 品名 │数量(個)│ 品名 │数量(個)│
 ├───┼────┼───┼────┼───┼────┤
 │製品A│  1  │ユニットB│  4  │部品D│  3  │
 │   │    │   │    ├───┼────┤
 │   │    │   │    │部品E│  1  │
 │   │    ├───┼────┼───┼────┤
 │   │    │ユニットC│  1  │部品D│  1  │
 │   │    │   │    ├───┼────┤
 │   │    │   │    │部品F│  2  │
 └───┴────┴───┴────┴───┴────┘

ア 80  イ 90  ウ 95  エ 105


正解


解説

製品Aを10個生産するには、レベル1の段階で、ユニットBが40個、ユニットCが10個必要である。
ここで、ユニットBの在庫残は5個あるため、ユニットBはあと35個必要となる。

次にレベル2の段階で、ユニットBを35個生産するには、部品Dが 35×3=105個、部品Eは 35個必要である。

一方、ユニットCを10個生産するには、部品Dが10個、部品Fは20個必要である。

部品Dの在庫残が25個であるから、正味所要量は105個10個25個90個である。

問27 目次 問29