本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 高度情報技術者試験問題と解説

問27

IoTがもたらす効果を“監視”、“制御”、“最適化”、“自律化”の4段階に分類すると、IoTによって工場の機械の監視や制御などを行っているシステムにおいて、“自律化”の段階に達している例はどれか。

ア 機械に対して、保守員が遠隔地の保守センタからインターネットを経由して、機器の電源オン・オフなどの操作命令を送信する。

イ 機械の温度や振動データをセンサで集めて、インターネットを経由してクラウドシステム上のサーバに蓄積する。

ウ クラウドサービスを介して、機械同士が互いに状態を常時監視・分析し、人手を介することなく目標に合わせた協調動作を自動で行う。

エ クラウドシステム上に常時収集されている機械の稼働情報を基に、機械の故障検知時に、保守員が故障部位を分析して特定する。


正解


解説

ア 機器の電源オン・オフなどの操作をしているため、制御の段階である。
イ 単にデータを蓄積している段階であり、監視の段階である。
ウ 正しい。機械同士が人手を介さずに協調動作を自動で行っているため、自律化の段階である。
エ 運用も含め、IoTによって工場の機械の監視や制御ができているため、最適化の段階である。

問26 目次 問28