本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問50

XP (Extreme Programming) のプラクティスの説明のうち、適切なものはどれか。

ア 顧客は単体テストの仕様に責任をもつ。

イ コードの結合とテストを継続的に繰り返す。

ウ コードを作成して結合できることを確認した後、テストケースを作成する。

エ テストを通過したコードは、次のイテレーションまでリファクタリングしない。


正解


解説

XP (Extreme Programming) は、ユーザー要求や仕様変更のリスク軽減のために、ユーザーや開発者間のコミュニケーションを重視し、コーディングとテストに重点を置き、常にフィードバックを行って再設計やプログラム修正をしていくソフトウェア開発手法である。

プラクティスは19あり、反復、継続的イテレーション、ペアプログラミング、リファクタリング、責任の受入れ、短期リリースなどがある。

ア 顧客は受け入れテストに責任をもち、開発が単体テストの仕様に責任をもつ。
イ 正しい。継続的インテグレーションの説明である。
ウ プログラムを作成するよりも先にテストケースを考える。これをテスト駆動開発という。
エ テストを通過したコードでも、随時、リファクタリングを行う。
 リファクタリングは、外部から見た動作を変えずにプログラムをより良く作り直すことである。

問49 目次 問51