本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問14

稼働状況が継続的に監視されているシステムがある。稼働して数年後に新規業務をシステムに適用する場合に実施する、キャパシティプランニングの作業項目の順序として、適切なものはどれか。

〔キャパシティプランニングの作業項目〕
@ システム構成の案について、適正なものかどうかを評価し、必要があれば見直しを行う。
A システム特性に合わせて、サーバの台数、並列分散処理の実施の有無など、必要なシステム構成の案を検討する。
B システムの稼働状況から、ハードウェアの性能情報やシステム固有の環境を把握する。
C  利用者などに新規業務をヒアリングし、想定される処理件数や処理に要する時間といったシステムに求められる要件を把握する。

ア B、A、C、@

イ B、C、A、@

ウ C、A、@、B

エ C、B、@、A


正解


解説

キャパシティプランニングは、システム開発や改編の際に、システムのリソースや性能などを見積もり、最適なシステム構成機器や台数、処理性能、回線容量などを計画することである。
作業項目の順序は以下のとおり。

(1) システムの稼働状況から、ハードウェアの性能情報やシステム固有の環境を把握する。・・・B
(2) 利用者などに新規業務をヒアリングし、想定される処理件数や処理に要する時間といったシステムに求められる要件を把握する。・・・C
(3) システム特性に合わせて、サーバの台数、並列分散処理の実施の有無など、必要なシステム構成の案を検討する。・・・A
(4) システム構成の案について、適正なものかどうかを評価し、必要があれば見直しを行う。・・・@

問13 目次 問15