本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問15

東京と福岡を結ぶ実線の回線がある。東京と福岡の間の信頼性を向上させるために、大阪を経由する破線の迂回回線を追加した。迂回回線追加後における、東京と福岡の間の稼働率は幾らか。ここで、回線の稼働率は、東京と福岡、東京と大阪、大阪と福岡の全てが0.9とする。

ア 0.729

イ 0.810

ウ 0.981

エ 0.999


正解


解説

迂回回線追加後の東京と福岡の間の回線は、以下のような直列を並列を
組み合わせた回線となる。

    ┌─────┐ ┌─────┐
  ┌─┤福岡・大阪├─┤大阪・東京├─
  │
 └─────┘ └─────┘ 
 ─┤                 ├─
  │     ┌──┴──┐     │
  └─────┤福岡・東京├─────┘
        └──┬──┘    

福岡・大阪、大阪・東京は直列であるから、稼働率は
0.9×0.9 =0.81

福岡−東京間のどちらの回線も故障する確率は
(1−0.81) × (1−0.9) = 0.19 × 0.1 =0.019

従って、東京と福岡の間の稼働率は
1− 0.019 = 0.981

問14 目次 問16