平成30年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問13
Webシステムにおいて、Webサーバとアプリケーション (AP) サーバを異なる
物理サーバに配置する場合のメリットとして、適切なものはどれか。

 ア Webサーバにクライアントの実行環境が実装されているので、リクエストの
   たびにクライアントとAPサーバの間で画面データをやり取りする必要がなく、
   データ通信量が少なくて済む。
 イ Webブラウザの文字コード体系と APサーバの文字コード体系の違いを
   Webサーバが吸収するので、文字化けが発生しない。
 ウ データへのアクセスを伴う業務ロジックは、Webサーバのプログラムに配置
   されているので、業務ロジックの変更に伴って、APサーバのプログラムを変更
   する必要がない。
 エ 負荷が軽い静的コンテンツへのリクエストは Webサーバで処理し、負荷が
   重い動的コンテンツへのリクエストは APサーバで処理するように、クライアント
   からのリクエストの種類に応じて処理を分担できる。



【正解】 エ

ア リクエストのたびにクライアントとAPサーバの間で画面データをやり取りする必要があり、
 データ通信量は多くなる。
イ 文字コード体系の違いは、APサーバが吸収する必要がある。
ウ データへのアクセスを伴う業務ロジックは、APサーバのプログラムに配置される。
 従って、業務ロジックの変更に伴って、APサーバのプログラムを変更する必要がある。
エ 正しい。
 なお、一般的なWebサーバには、
DBサーバも必要になる。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問12 目次 問14
ファーストマクロ TOPページ