平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問9
PCのクロック周波数に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア CPUのクロック周波数と、主記憶を接続するシステムバスのクロック周波数は
   同一でなくてもよい。
 イ CPUのクロック周波数の逆数が、1秒間に実行できる命令数を表す。
 ウ CPUのクロック周波数を2倍にすると、システム全体としての実行性能も2倍になる。
 エ 使用しているCPUの種類とクロック周波数が等しければ、2種類のPCの
   プログラム実行性能は同等になる。



【正解】 ア

ア 正しい。システムバスのクロック周波数は、FSB (Front-Side Bus) 、ベースクロック、
 外部クロックなどとも呼ばれる。CPUと各装置間のデータ通信速度に影響する。
 CPUのクロック周波数と同一である必要はない。
イ 1命令が1クロックとは限らないため誤り。
ウ システム全体の実行性能はCPUのクロック周波数に比例するものではく、メモリやOS、
 ネットワーク速度などによって変わってくる。
エ ウと同様である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問8 目次 問10
ファーストマクロ TOPページ