平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問8
x と y を自然数とするとき、流れ図で表される手続を実行した結果として、
適切なものはどれか。

 

   ┌──────┬──────┐
   │ の値  │ の値  │
 ┌─┼──────┼──────┤
 │ア│÷の余り│÷の商 │
 ├─┼──────┼──────┤
 │イ│÷の商 │÷の余り│
 ├─┼──────┼──────┤
 │ウ│÷の余り│÷の商 │
 ├─┼──────┼──────┤
 │エ│÷の商 │÷の余り│
 └─┴──────┴──────┘




【正解】 イ
x の値を r に代入し、
r < y の条件が整うと、処理が終了するので
r > y 、 すなわち x > y となるように
適当に x と y に数字をおいてみる。

例えば x = 25, y = 6とすると

最初: r = 25, q = 0
ループ1回目: r = 19, q = 1
ループ2回目: r = 13, q = 2
ループ3回目: r = 7, q = 3
ループ4回目: r = 1, q = 4
終了

つまり
25÷6で r が1、 q が4となることから、
r は余り、q は商であることが判る。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問7 目次 問9
ファーストマクロ TOPページ