平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問7
パイプライン方式のプロセッサにおいて、パイプ
ラインが分岐先の命令を取得するときに起こる
ハザードはどれか。

 ア 構造ハザード
 イ 資源ハザード
 ウ 制御ハザード
 エ データハザード



【正解】 ウ

ア 
構造ハザードは複数の命令が同じタイミングでハードウェア
 資源にアクセスしようした時に競合が発生し、処理できなくなる
 現象のことである。
イ 
資源ハザードという言葉はなく、構造ハザードに近い意味合いで
 使われることはあるかもしれない。
ウ 正しい。
エ 
データハザードは、データの依存関係に起因するハザードであり、
 ある命令の実行にその直前の命令の実行結果が必要な場合などに
 発生する現象のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問6 目次 問8
ファーストマクロ TOPページ