平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問8
現在の商用並列コンピュータの多くが採用している
マルチプロセッサの処理方式の一つで、プロセッサ
ごとに異なる命令を並列に実行させるものはどれか。

 ア CISC
 イ MIMD
 ウ RISC
 エ SIMD



【正解】 イ

ア 
CISC (Complex Instruction Set Computer) は、RISC
 マシンが考案されたときにその対語として呼ばれるようになった
 コンピュータのことである。
イ 
MIMD (Multiple Instruction/Multiple Data) は、複数の
 命令ストリームで複数のデータストリームを処理する方式
ウ 
RISC (Reduce Instruction Set Computer = 縮小命令
 セットコンピュータ) は、個々の命令を単純化することにより
 パイプライン処理の効率を高め、処理性能の向上を図った
 コンピュータのことである。
エ 
SIMD (Single Instruction/Multiple Data) は、単一命令
 ストリームで複数のデータストリームを処理する方式。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問7 目次 問9
ファーストマクロ TOPページ