平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問4
配列A[1]、A[2]、・・・、A[n]で、A[1]を根とし、
A[i]の左側の子をA[2i]、右側の子をA[2i+1]と
みなすことによって、2分木を表現する。
このとき、配列を先頭から順に調べていくことは、
2分木の探索のどれに当たるか。

 ア 行きがけ順 (先行順) 深さ優先探索
 イ 帰りがけ順 (後行順) 深さ優先探索
 ウ 通りがけ順 (中間順) 深さ優先探索
 エ 幅優先探索



【正解】 エ

問題の2分木は以下のとおりである。
        1    
     ┌──┴──┐  
     2     3  
   ┌─┴─┐ ┌─┴─┐
   4   5 6   7
   

ア 行きがけ順は 1245367 となる。
イ 帰りがけ順は 4526731 となる。
ウ 通りがけ順は 4251637 となる。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問3 目次 問5
ファーストマクロ TOPページ