平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問66
戦略を立案するために、SWOT分析を実施した。市場
機会を獲得するために自社の強みを生かすことができる
戦略はどれか。

 ┌─────────────┬─────────────┐
 │      S      │      O      │
 ├─────────────┼─────────────┤
 │・高い技術力を持つ。   │・クラウドコンピューティン│
 │・データセンタを多数所有し│ グが注目されている。  │
 │ ている。        │・市場のグローバル化が進ん│
 │             │ でいく。        │
 ├─────────────┼─────────────┤
 │      W      │      T      │
 ├─────────────┼─────────────┤
 │・営業力がない。     │・海外ベンダが日本市場に │
 │・メーカの子会社であり意思│ 参入している。     │
 │ 決定が遅い。      │・市場の成長率が低い。  │
 └─────────────┴─────────────┘

 ア 意思決定の遅さを克服して市場の平均成長率を超える。
 イ 営業力のなさを海外ベンダと提携して市場のグローバル化
   に対応する。
 ウ 高い技術力を応用して海外ベンダの日本市場参入に
   対抗する。
 エ データセンタの資源を生かしてクラウドコンピューティングサー
   ビスを提供する。



【正解】 エ

SWOT分析は、企業の経営環境を、その企業の強みと弱み、企業に対する機会と
脅威の2つの軸で4つの象限に分類して分析する手法で、
強み (Strength) 、
弱み (Weakness)、機会 (Opportunity) 、脅威 (Threat) の頭文字をとったものである。

ア 弱みを克服し、脅威に対抗するための戦略である。
イ 弱みを克服し、
市場機会を獲得するための戦略である。
ウ 強みを生かし、脅威に対抗するための戦略である。
エ 正しい。強みを生かし、市場機会を獲得するための戦略である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問65 目次 問67
ファーストマクロ TOPページ