平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問65
情報システムの開発を発注するための提案依頼書 (RFP)
の作成と提案依頼に当たって、取得者であるユーザ企業側
の対応のうち、適切なものはどれか。

 ア RFP作成の手間を省くために、要求事項の記述は
   最小限に留める。暖味な点や不完全な点があれば、
   供給者であるベンダ企業から取得者に都度確認させる。
 イ 取得者側では、事前に実現性の確認を行う必要は
   なく、要求事項が実現可能かどうかの調査や検討は
   供給者であるベンダ企業側の責任で実施する。
 ウ 複数の要求事項がある場合、重要な要求とそうでない
   要求の区別がつくようにRFP作成時点で重要度を設定
   しておく。
 エ 要求事項は機能的に記述するのではなく、極力、具体
   的な製品の種類など実現手段を細かく指定する。



【正解】 ウ

ア 要求事項の記述はできるだけ具体的に書く。
 曖昧な点や不完全な点はできる限り排除する。
イ 取得者側では、事前に実現性の確認を行う必要がある。
ウ 正しい。
エ 要求事項は機能的に記述する。製品の種類などはベンダ企業から
 提案させるようにする。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問64 目次 問66
ファーストマクロ TOPページ