平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問11
スーパスカラの説明として、適切なものはどれか。

 ア 処理すべきベクトルの長さがベクトルレジスタより長い
   場合、ベクトルレジスタ長の組に分割して処理を繰り
   返す方式である。
 イ パイプラインを更に細分化することによって、高速化を
   図る方式である。
 ウ 複数のパイプラインを用い、同時に複数の命令を
   実行可能にすることによって、高速化を図る方式である。
 エ 命令語を長く取り、一つの命令で複数の機能ユニットを
   同時に制御することによって、高速化を図る方式である。



【正解】 ウ

ア 
ベクトルプロセッサの説明である。
 ベクトル演算機能を内蔵し、多数のパラメタを同時に扱う
 科学技術計算などの大規模な数値計算に適している。
イ 
スーパーパイプラインの説明である。
ウ 正しい。
エ 
VLIW (Very Long Instruction Word) の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問10 目次 問12
ファーストマクロ TOPページ