平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問15
現用系と予備系の両方をもつシステムに障害が発生した
ときの運用に関する記述のうち、ホットスタンバイ方式の
説明として、適切なものはどれか。

 ア 現用系と同じ業務システムを最初から予備系でも
   起動しておき、現用系に障害が発生したときは、
   予備系に自動的に切り替える。
 イ 現用系と予備系という区別をせずに、両方を並列
   運用する。どちらかの系に障害が発生したときは、
   それを切り離し、残りの系だけで運用を継続する。
 ウ 予備系には、通常は他の処理を行わせるが、現用
   系に障害が発生したときはその処理を中断し、業務
   システムを起動する。
 エ 予備系は、OSは立ち上げているが業務システムを
   全く起動していない状態で待機させる。現用系に
   障害が発生した時点で、予備系に切り替え、業務
   システムを起動する。



【正解】 ア

ア 正しい。 デュプレックスシステムの
ホットスタンバイ方式の説明である。
イ 
デュアルシステムの説明である。
ウ デュプレックスシステムの
コールドスタンバイ方式の説明である。
エ デュプレックスシステムの
ウォームスタンバイ方式の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問14 目次 問16
ファーストマクロ TOPページ