平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問16
キャパシティプランニングの活動サイクルは、モニタリング、分析、
チューニング、実装から成る。このうち、チューニングを説明した
ものはどれか。

 ア CPU、メモリ、ストレージといったハードウェアの使用率を
   最適化するために、測定周期や報告時期を計画する。
 イ 既存システムのパフォーマンスを基準として、業務負荷
   予測から将来においてシステムに必要なものと必要と
   なる時期を計画する。
 ウ 既存システムのパフォーマンスを最適化するために、
   変更箇所の検討や変更策を決定する。
 エ 新規業務の業務負荷予測の精度を高めるために、
   既存業務の業務負荷を測定し、傾向を分析する。



【正解】 ウ

キャパシティプランニングは、システム開発や改編の際に、システムのリソースや
性能などを見積もり、最適なシステム構成機器や台数、処理性能、回線容量
などを計画することである。

ア モニタリングの説明である。
イ 実装の説明である。
ウ 正しい。
エ 分析の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問15 目次 問17
ファーストマクロ TOPページ