本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成29年度 技術士第二次試験問題【必須科目】

T−2

外部環境から入力を与えると、一定時間内に外部環境に対応する応答を出力することを繰返し実行するシステムをリアクティブシステムと呼ぶ。リアクティブシステムに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

@  組込みシステムの多くはこの方式のシステムに属する。

A 一定時間内に応答する応答性の高さが求められるため、実現にはリアルタイムオペレーティングシステム (RTOS) を必要とする。

B 一定時間応答がない場合を想定した処理を考慮する必要がある。

C リアクティブシステムの振舞いを記述する方法のひとつに、状態遷移モデルがある。

D 銀行のオンラインシステムやWebシステムにも、リアクティブシステムな側面がある。


類題

H28 T-3


正解

A


解説

リアクティブ(Reactive)は反応的という意味である。

@ 正しい。組込み制御システムはリアクティブシステムである。
A 不適切である。RTOSは、時間的な制約がある処理を実行するためのOSであり、組込み制御システムに多いが、リアクティブシステムに必須ではない。
 「必要」と言い切っているので最も不適切な選択肢である。
B 正しい。一定時間応答がなければ、その処理を中断して他の処理に移ることもある。
C 正しい。リアクティブシステムの振舞いを記述するのに、状態遷移モデルやアクターモデルが利用される場合がある。
 なお、アクターモデルは並列処理の数学的モデルの一つである。
D 正しい。

T−1 目次 T−3