本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成29年度 技術士第一次試験問題【専門科目】

V−19

ソフトウェア見積りに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

@ COCOMOU法は、ソフトウェアの予想される規模を基に、開発に必要な工数を見積るものである。規模データは行数もファンクションポイント (FP) も使用できる。

A FP試算法は、外部入力及び外部出力のソフトウェアの機能要素に着目して規模をFPで見積るものである。

B IFPUG法は、外部入力、外部出力、内部論理ファイル、外部インターフェースファイル、外部照会のソフトウェアの機能要素に着目して規模をFPで見積るものである。

C 標準タスク法は、全工程を標準タスク (作業の種類とその単位工数) に分解して工数を積算するものである。

D 類推法は、過去の類似プロジェクトの実績を基に工数を見積るものである。過去の実績のプロジェクトでの制約や技法が明らかでないと適用しづらい。


類題

H19 W-23


正解

A


解説

A 不適切である。
 FP試算法は、内部論理ファイル (ILF) 外部インターフェイス (EIF) から試算する。
B IFPUG法は、機能をデータファンクショントランザクションファンクションで識別し、データファンクションは、内部論理ファイル (ILF)外部インターフェース (EIF)、トランザクションファンクションは、外部入力 (EI)外部出力 (EO) 外部照合 (EQ) に分けて、機能を計測する。

V−18 目次 V−20