平成27年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−20
次のうち、分散型DB(データベース)に最も不適切な要求項目はどれか。

 @ 障害が発生した場合、トランザクション全体が処理されるか、
   又は全く処理されないかのいずれかになる。
 A 処理性能の観点から、DBの利用頻度はDBの分散配置に影響されてはならない。
 B データが複製されているかどうかを知らずに処理できる。
 C トランザクションはデータ項目の位置に依存しない。
 D 複数トランザクションの並列処理の結果は、任意の順序でトランザクションを
   1つずつ実行した場合の結果に等しい。



【正解】 A
@ACDI特性のうちのAtomicity(原子性)のこと。
A利用頻度が高いDBは分散配置して、負荷を分散させる。
B適切な要求事項
C適切な要求事項
D並列に実行するということは、直列処理なら1,2,3,4,5と
 処理するところを、例えば3,5,4,1,2と処理することと同じである。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−19 目次 V−21
ファーストマクロ TOPページ