平成25年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−14
下図のように、2台のレイヤ2スイッチ、2台のサーバ、及び20台のクライアントから
構成されたネットワークシステムがある。 サーバとクライアントを2つのグループに分け、
各グループ内の機器間の通信は可能とし、異なるグループの機器間の通信は抑止
したい。そのために用いられるスイッチの機能として最も適切なものはどれか。
 

 @ DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)
 A NAT (Network Address Translation)
 B OSPF (Open Shortest Path First)
 C VLAN (Virtual LAN)
 D スパニングツリー




【正解】 C

@DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) は、ノードに対して、
 起動時に動的に IPアドレスを割り当てる仕組みである。
A
NAT (Network Address Translation = ネットワークアドレス変換) は、
 IPアドレスを変換することで、主にプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに
 変換する。
B
OSPF (Open Shortest Path First) は、ネットワークをエリアという単位に
 分割し、エリア間をバックボーンで結ぶ形態を採り、回線速度などを考慮した
 最低コストルーティングプロトコル
である。
C正しい。VLAN (Virtual Locak Area Network) は、LANスイッチの機能を
 利用して仮想的にLANを構築すること。
D
スパニングツリーはLAN内でループとなって、永遠に流れ続けないように
 するための手法の一つである。ツリーというだけあって、木構造に構成する。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−13 目次 V−15
ファーストマクロ TOPページ