平成23年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−16
無線LANのセキュリティに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ WPAの鍵長には、40ビットと104ビットの2種類が存在する。
 A AESは、WPA、WPA2の両方でサポートされている。
 B PSKは、鍵を自動交換するプロトコルである。
 C SSIDは、通信を行うユーザの認証に使われる。
 D WPA2は、IEEE802.X認証を必要とする。



【正解】 A
@WPA (Wi-Fi Protected Access) の鍵長は128ビットである。
 40ビットと104ビットの2種類が存在するのはWEP (Wired Equivalent Privacy)
 である。
A正しい。AES (Advanced Encryption Standard) の鍵長さは、
 128/192/256ビットの3種類が存在する。
B
PSK (Pre-Shared Key) は、通信内容を暗号化する際に、事前に共有しておく
 暗号鍵のことである。
C
SSID (Service Set Identifier) は、無線LANのアクセスポイントの識別名の
 ことである。
D
IEEE802.Xは、LAN内のユーザ認証を行って、アクセス制御を行う規格である。
 WPA2は、IEEE802.X認証を必ずしも必要としない。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−15 目次 W−17
ファーストマクロ TOPページ