平成23年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−15
次のうち、OSI参照モデルにおけるレイヤ2と位置付けられるイーサネットスイッチの
説明として最も適切なものはどれか

 @ コリジョンドメインの分割はしない。
 A リピータの一種である。
 B IPデータグラム以外は転送することができない。
 C MACアドレスを用いて通信のあて先を決定する。
 D 波形がくずれた電気信号でもそのまま転送してしまう。



【正解】 C
@
コリジョンドメインは、イーサネットなどのネットワークで、データの衝突が発生する
 範囲のことでセグメントのことである。
 イーサネットスイッチはコリジョンドメインの分割を行う。
Aリピータはレイヤ1で動作する機器である。
 リピータは劣化した信号を整形したり、増幅させる働きをする。
Bフレームも転送できる。
C正しい。
Dレイヤ1で波形が崩れた電気信号を復元・増幅したり、破棄したりする。
 レイヤ2では波形がくずれた電気信号は破棄される。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−14 目次 W−16
ファーストマクロ TOPページ