平成22年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−25
算盤の珠のような立体図形 (
図1) を、基本立体とその集合演算で定義する
CSG (Constructive Solid Geometry) を用いてモデリングすることを考える。
図2はその一例を木構造で表現したものである。節点アとイに当てはまる
集合演算の組合せとして最も適しているものを、@〜Dの中から選べ。
ただし、集合演算の左オペランドは左部分木、右オペランドは右部分木で
それぞれ与えられるものとする。


 @ ∩ (積集合)  ∩ (積集合)
 A − (差集合)  ∩ (積集合)
 B − (差集合)  ∪ (和集合)
 C ∩ (積集合)  − (差集合)
 D ∩ (積集合)  ∪ (和集合)



【正解】 A

球の中心の x 座標が -0.5 と 0.5 の球の積集合から
円柱を取り除いた立体図形を定義している。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−24 目次 W−26
ファーストマクロ TOPページ