平成22年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−26
カメラから取得する画像データに対して必要な処理を加えるシステムを、以下の
UML (Unified Modeling Language) のクラス図で設計した。このシステムに
関する@〜Dの記述のうち、最も適切なものを選べ。

 

 @ 「カメラB」は、「カメラA」と互換性がある。
 A 「カメラA'」は、「カメラA」のスーパークラスである。
 B 「カメラB」は、「カメラA'」を継承している。
 C 「カメラA」と「カメラB」は、同時に使うことができる。
 D 「フィルタX」と「フィルタY」は、組み合わせて使用できる。




【正解】 C

@△は 特化、汎化を表し、◇は集約、分解の関係を表す。
A「カメラA’」は「カメラA」のサブクラスである。
B「カメラB」は「カメラA’」の分解である。
C正しい。
D「フィルタX」「フィルタY」は画像処理と特化−汎化の関係にある。
 分解−集約の関係であれば組み合わせて使用できるが、
 特化−汎化の関係では組み合わせて使用できない。
 フィルタXは白黒加工、フィルタYはエンボス加工のような場合を
 想定すると考えやすい。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−25 目次 W−27
ファーストマクロ TOPページ