平成22年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−24
クラスタリング手法として知られるk-平均法に関する次の記述のうち、最も
適切なものを選べ。

 @ k-平均法は、階層的クラスタリング手法である。
 A k-平均法は、画像解析にだけ利用されている。
 B k-平均法に用いられる対象間距離は、ユークリッド距離に限られる。
 C k-平均法によって得られるクラスタリング結果は、初期クラスタの
   ランダムな割り当てには依存しない。
 D k-平均法では、クラスタ数をあらかじめ設定しておく必要がある。



【正解】 D

@
k-平均法は、あらかじめ設定された k個のクラスタ数に非階層的に
 分類するクラスタ分析手法の一つである。
Aマーケティングやデータマイニングなどにも利用されている。
Bユークリッド距離とは通常の2点間の距離のことである。
 対象間距離は、ユークリッド距離に限られない。
Ck-平均法では、あらかじめ設定された k個のクラスタ数を設定するため、
 初期クラスタのランダムな割り当てに依存する。
D正しい。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−23 目次 W−25
ファーストマクロ TOPページ