平成20年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−14
デマンドページングによる仮想記憶方式のコンピュータを考える。この
コンピュータの主記憶は4ページの物理ページを持つ。実行しようとする
プログラムは0〜5の全6ページの仮想ページを使用する。
仮想ページに対するメモリ (もしくはページ) 参照が、
  3、1、2、0、4、1、5、4、0、3
の順に行われるとする。ページ置換アルゴリズムに LRU を用いたとき、
ページフオールトの起きる回数は何回か。次の中から選べ。なお、
初期状態ではどの仮想ページも主記憶が割り付けられていないとする。

@ 5  A 6  B 7  C 8  D 9



【正解】 B

LRU (Least Recently Used) は、参照されていない時間が最も
長いページを置換対象とするアルゴリズムである。
4ページの仮想ページの状態は以下のとおりとなる。

3: 
         ・・・ページフォルト
1: 
       ・・・ページフォルト
2: 
、1、     ・・・ページフォルト
0: 
、1、2、   ・・・ページフォルト
4: 
、2、0   ・・・ページフォルト。 3が置換対象
1: 4、
、0
5: 4、1、
   ・・・ページフォルト。 2が置換対象
4: 、1、5、
0: 4、
、5、
3: 4、
、0   ・・・ページフォルト。 1が置換対象


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−13 目次 W−15
ファーストマクロ TOPページ