平成19年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−13
コンピュータシステムに関する次の説明のうち、最も適切なものを選べ。

 @ 一般に制御装置と記憶装置を合わせて「プロセッサ」あるいは
   「CPU」と呼ぶ。
 A メモリインターフェースは、機械語としてやりとりされる情報を取り決め
   ている。
 B コンピュータ内の演算データはバイト単位で処理される。
 C プログラム内蔵方式は、考案者の名前をとってチューリング方式と
   呼ばれる。
 D 記憶階層におけるキャッシュメモリ、主記憶装置、補助記憶装置の
   各階層の装置の高速化と大容量化はトレードオフの関係にある。




【正解】 D

@記憶装置はプロセッサには含まれない。
Aそのような取り決めはない。
Bビット単位で処理することもできる。
 誤りとは言えないが、選択肢の中では最も適切でもない。
Cノイマン型方式と呼ばれる。
D正しい。
 高速化とコストの関係もトレードオフの関係にある。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−12 目次 W−14
ファーストマクロ TOPページ