本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和3年度 技術士第一次試験問題【専門科目】

V−9

データベースのトランザクション分離レベルのうち、ANSIが定義する分離レベルに含まれないものはどれか。

@ 非コミット読み取り (Read Uncommitted)

A コミット済み読み取り (Read Committed)

B 再読み込み可能読み取り (Repeatable Read)

C ダーティリード (Dirty Read)

D 直列化可能 (Serializable)



正解

C


解説

トランザクション分離レベルは、DBMS上で複数処理を同時実行した場合に、どれだけのレベルで一貫性を保って実行するかを規定したものである。
分離レベルが低いほどパフォーマンスが上がるが、一貫性レベルは落ちる。
分離レベルは低い順に以下の通りである。

Read Uncommitted (未コミットのデータも読み取る)
Read Committed (コミットしたデータを読み取る)
Repeatable Read (読み取り対象のデータを常に読み取る)
Serializable (直列に実行した場合と同じ結果が得られる)

V−8 目次 V−10