本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和元年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問16

2台の処理装置から成るシステムがある。少なくともいずれか一方が正常に動作すればよいときの稼働率と、2台とも正常に動作しなければならないときの稼働率の差は幾らか。ここで、処理装置の稼働率はいずれも0.9とし、処理装置以外の要因は考慮しないものとする。

ア 0.09  イ 0.10  ウ 0.18  エ 0.19


正解


解説

少なくともいずれか一方が正常に動作すればよいときの稼働率は、両方とも稼働しない確率を求め、1から引く。すなわち、
1 - (1 - 0.9) × (1 - 0.9) = 1 - 0.1×0.1 = 1 - 0.01 = 0.99 である。

一方、2台とも正常に動作しなければならないときの稼働率は
0.9 × 0.9 = 0.81 である。

したがって、その差は
0.99 - 0.81 = 0.18 である。

問15 目次 問17