本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

令和元年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問15

RAIDの分類において、ミラーリングを用いることで信頼性を高め、障害発生時には冗長ディスクを用いてデータ復元を行う方式はどれか。

ア RAID1

イ RAID2

ウ RAID3

エ RAID4


正解


解説

RAID (Redundant Arrays of Inexpensive Disks) は、複数のハードディスクにデータを分散させ、データの読み書き時間を短縮させたり、障害時のデータ復旧を可能にしたりする技術のことである。

RAID0〜6までの7つのレベルがある。
RAID0 (ストライピング)
データを複数台のディスクに分散して書き込み、アクセスを高速度化する。

RAID1 (ミラーリング)
2台のディスクに同じ内容を書き込み、高信頼性を実現する。

RAID2
ビット単位でのエラー訂正用のハミング符号を書き込む専用ディスクを用意し、高信頼性を実現する。

RAID3
ビット単位でのエラー訂正用のパリティコードを専用ディスク (パリティディスク) に書き込む方式である。

RAID4
ブロック単位でのエラー訂正用のパリティコードを専用ディスク (パリティディスク) を書き込む方式である。

RAID5
RAID4のパリティディスクを分散させ、パリティディスクへのアクセス集中を防止することで高速度と高信頼性を実現する。

RAID6
RAID5のパリティディスク部分を2重化し、高信頼性を実現する。同時に任意の2つのディスクに障害が発生しても、データを復元できる。

問14 目次 問16