本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問70

技術は、理想とする技術を目指す過程において、導入期、成長期、成熟期、衰退期、そして次の技術フェーズに移行するという進化の過程をたどる。この技術進化過程を表すもはどれか。

ア 技術のSカーブ

イ 需要曲線

ウ バスタブ曲線

エ ラーニングカーブ


正解


解説

ア 正しい。技術のS字カーブは、導入期は緩やかに進歩するが成長期には急激に進歩し、成熟期には進歩が鈍化して、衰退期にはほとんど進歩しなくなる過程を示すカーブである。
 

イ 需要曲線は縦軸に価格、横軸に需要(数量)を取り、価格が高いとそれほど需要はないが、安くなるほど需要が増えることを表すカーブである。
 
 

ウ バスタブ曲線は、機械故障率のように、最初は故障が多いが徐々に安定し、しかし、最終的には老朽化により再び故障が多くなることを表すカーブである。
 

エ ラーニングカーブは、経験曲線、習熟曲線などとも呼ばれ、最初は急に成長するが、徐々に鈍化していくことを表すカーブである。
 

問69 目次 問71