本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 秋期 基本情報技術者試験問題と解説

問29

ロックの粒度に関する説明のうち、適切なものはどれか。

ア データを更新するときに、粒度を大きくすると、他のトランザクションの待ちが多くなり、全体のスループットが低下する。

イ 同一のデータを更新するトランザクション数が多いときに、粒度を大きくすると、同時実行できるトランザクション数が増える。

ウ 表の全データを参照するときに、粒度を大きくすると、他のトランザクションのデータ参照を妨げないようにできる。

エ 粒度を大きくすると、含まれるデータ数が多くなるので、一つのトランザクションでかけるロックの個数が多くなる。


正解


解説

ア 正しい。ロックの粒度とは、ロックする範囲のことである。
イ 同一のデータを更新するトランザクション数が多いときに、粒度を大きくすると、同時実行できるトランザクション数は減る
ウ ロックは他のトランザクションのデータ参照には影響を与えない。
エ 粒度を大きくすると、ロックの範囲が大きくなるので、トランザクション当たりのロックの個数は少なくなる

問28 目次 問30