平成29年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問62
ITサービスをアウトソーシングする際の、システム保守
品質・運用品質の低下リスクへの対応策はどれか。

 ア アウトソーシング後の自社の人材強化計画の
   提案を、委託先の選定段階で求め、契約書など
   にも明文化しておく。
 イ サービス費用の妥当性を検証できるように、
   サービス別の詳細な料金体系を契約書などで
   明文化しておく。
 ウ サービス品質を示す指標を用い、目標とする
   品質のレベルを委託先と取り決めた上で、
   サービス品質の改善活動を進めていく。
 エ システム保守・運用実務などのサービス費用に
   ついて、査定能力をもつ人材を自社側に確保
   しておく。



【正解】 ウ

ア 将来的にシステム保守を自社で行うことを想定した場合の
 自社の人材不足リスクへの対応策である。
イ 費用対効果のアンバランスに対するリスクへの対応策である。
ウ 正しい。SLAに関する問題である。 
SLA (Service Level
 Agreement) は、発注者とITアウトソーシングサービス提供者との
 間で、サービスの品質について合意した文書のことである。
エ 費用対効果のアンバランスに対するリスクへの対応策である。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問61 目次 問63
ファーストマクロ TOPページ