平成29年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問61
リスクや投資価値の類似性で分けたカテゴリごとの
情報化投資について、最適な資源配分を行う際に
用いる手法はどれか。

 ア 3C分析
 イ ITポートフォリオ
 ウ エンタープライズアーキテクチャ
 エ ベンチマーキング



【正解】 イ

ア 
3C分析は、Company (自社)、Customer (顧客)、
 Competitor (競合相手)の分析を行い、自社の戦略策定などに
 活かすフレームワークである。
イ 正しい。
ウ 
エンタープライズアーキテクチャ (EA) は、大企業や大きな組織で、
 別個に運用されている複数の業務システムを標準化、最適化し、
 導入コストや運用コストの低減、業務運営の最適化等を目的とした
 手法のことで、以下の4つの分類体系で構成されている。
 ビジネスアーキテクチャ:政策・業務体系
 データアーキテクチャ:データ体系
 アプリケーションアーキテクチャ:適用処理体系
 テクノロジアーキテクチャ:技術体系
エ 
ベンチマーキングは、競合相手又は先進企業と比較して、自社の製品、
 サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問60 目次 問62
ファーストマクロ TOPページ