平成29年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問18
優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリングを
行うリアルタイムOSで、二つのタスクA、Bをスケ
ジューリングする。Aの方がBより優先度が高い場合
にリアルタイムOSが行う動作のうち、適切なものは
どれか。

 ア Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行
   可能状態にしてBを実行する。
 イ Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち
   状態にしてBを実行する。
 ウ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを実行
   可能状態にしてAを実行する。
 エ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち
   状態にしてAを実行する。


【正解】 ウ

プリエンプティブなマルチタスクは、OSがアプリケーションのCPU割り当て時間を
管理する方式である。
Aの方が優先度が高いのでBの実行中にAに起動がかかると、
Aを実行する。このときBは
実行可能状態となる。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問17 目次 問19
ファーストマクロ TOPページ