平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問15
システムの稼働率に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア MTBFが異なってもMTTRが等しければ、システムの稼働率は等しい。
 イ MTBFとMTTRの和が等しければ、システムの稼働率は等しい。
 ウ MTBFを変えずにMTTRを短くできれば、システムの稼働率は向上する。
 エ MTTRが変わらずMTBFが長くなれば、システムの稼働率は低下する。



【正解】 ウ
MTBF (Mean Time Between Failure = 平均故障間隔) は、稼働してから
故障までの平均稼働時間のことであり、
MTBF = システムの稼働時間 / 故障回数 で求められる。

MTTR(Mean Time To Repair = 平均修理時間)は、故障から次の
稼働まで(復旧まで)の時間、つまり、修理時間である。

稼働率は 
MTBF / (MTBF+MTTR) で求める。

ア MTTRが等しければ、MTBFが長いほど、稼働率が向上し、
 MTBFが短いほど、稼働率が低下する。
イ MTBFとMTTRの和が等しければ、MTBFが長いほど、稼働率が向上する。
ウ 正しい。
エ MTTRが変わらずMTBFが長くなれば、システムの稼働率は向上する。
 (アと同様)


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問14 目次 問16
ファーストマクロ TOPページ