平成27年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問45
利用者PCがボットに感染しているかどうかをhosts
ファイルの改ざんの有無で確認するとき、hostsファイルが
改ざんされていないと判断できる設定内容はどれか。
ここで、hostsファイルには設定内容が1行だけ書かれて
おり、利用者及びシステム管理者は、これまでにhosts
ファイルを変更していないものとする。


  ┌──────────┬──────────────┐
  │   設定内容   │      説明      │
┌─┼──────────┼──────────────┤
│ア│127.0.0.1 a.b.com │a.b.com はPCのOS提供元のFQDN│
│ │          │を示す。          │
├─┼──────────┼──────────────┤
│イ│127.0.0.1 c.d.com │c.d.com はPCの製造元のFQDNを│
│ │          │示す。           │
├─┼──────────┼──────────────┤
│ウ│127.0.0.1 e.f.com │e.f.com はウイルス定義ファイ|
│ │          │ルの提供元のFQDNを示す。  │
├─┼──────────┼──────────────┤
│エ│127.0.0.1 localhost│localhost は利用者PC自身を示|
│ │          │す。            |
└─┴──────────┴──────────────┘



【正解】 エ

127.0.0.1はローカルループバックアドレスといい、
そのPC自身を指す特別なIPアドレスである。

なお、
ボットは、タスクや処理を自動化するためのアプリケーションのことで、
セキュリティの分野では、勝手に通信不正な通信を行ったり、不正に
遠隔操作するためのプログラムを指す。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問44 目次 問46
ファーストマクロ TOPページ