平成27年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問7
プログラムの実行に関する次の記述の下線部 a 〜 dのうち、
いずれかに誤りがある。誤りの箇所と正しい字句の適切な
組合せはどれか。

 自分自身を呼び出すことができるプログラムは、a再帰的 である
という。このようなプログラムを実行するときは、bスタック に局所変数、
c仮引数 及び戻り番地を格納して呼び出し、復帰するときは
dFIFO (First In First Out) 方式で格納したデータを取り出して
復元する必要がある。

   ┌─────┬────────────┐
   │誤りの箇所│ 正しい字句      │
 ┌─┼─────┼────────────┤
 │ア│  a  │再入可能        │
 ├─┼─────┼────────────┤
 │イ│  b  │待ち行列        │
 ├─┼─────┼────────────┤
 │ウ│  c  │実引数         │
 ├─┼─────┼────────────┤
 │エ│  d  │LIFO(Last In First Out) │
 └─┴─────┴────────────┘



【正解】 エ

再帰呼び出しは、サブルーチン (関数) が自分自身のサブルーチンを
呼び出すことである。

再入可能とは、リアルタイムシステムにおいて、複数のタスクから
同時に呼び出された場合に、平行して実行する必要がある
共用ライブラリのプログラムに要求される性質のことである。

また
スタックは、LIFO (Last In, First Out = 後入れ先出し) により
置換するアルゴリズムを用いる。

局所変数は、ローカル変数のことで、関数の中で定義された
変数のことである。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問6 目次 問8
ファーストマクロ TOPページ