平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問30
チェックポイントを取得するDBMSにおいて、図のような時間経過で
システム障害が発生した。前進復帰 (ロールフォワード) によって
障害回復できるトランザクションだけを全て挙げたものはどれか。



 ア T1  イ T2とT3  ウ T4とT5  エ T5



【正解】 ウ

ロールフォワードは、データベースに障害が発生したような場合に、
チェックポイントまでのデータを再現し、トランザクションログを用いて、
障害直前の状態に戻すことである。

T1はチェックポイントの時点でコミットされており、チェックポイントまでの
データを再現しただけて、復旧できているため、ロールフォワードの
必要がない。
T2、T3は、処理中に障害が発生したため、チェックポイントまでの
データを再現した後に、処理をやり直す必要がある。

T4、T5は チェックポイントまでのデータを再現し、トランザクションログを
用いて、障害直前の状態に戻すことができる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問29 目次 問31
ファーストマクロ TOPページ