平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問31
図のようなネットワーク構成のシステムにおいて、同じ
メッセージ長のデータをホストコンピュータとの間で
送受信した場合のターンアラウンドタイムは、端末Aでは
100ミリ秒、端末Bでは820ミリ秒であった。上リ、
下りのメッセージ長は同じ長さで、ホストコンピュータでの
処理時間は端末A、端末Bのどちらから利用しても同じとする
とき、端末Aからホストコンピュータへの片道の伝送時間は
何ミリ秒か。ここで、ターンアラウンドタイムは、端末が
データを回線に送信し始めてから応答データを受信し終わる
までの時間とし、伝送時間は回線速度だけに依存するもの
とする。

 

 ア 10  イ 20  ウ 30  エ 40



【正解】 エ

メッセージ長を x Mビット、
ホストコンピュータの処理時間を y ミリ秒 とする。

端末Aのターンアラウンド時間は
100 = x÷1、000 + y + x÷1、000
100 = y + x÷500  ・・・(1)
端末Bのターンアラウンド時間は
820 = x÷100 + y + x÷100
820 = y + x÷50 ・・・(2)

この連立方程式を解けばよい。
(2) - (1) より
720 = x÷50 - x÷500
360、000 = 9×x
x = 40、000

従って、端末Aからホストコンピュータへの片道の伝送時間は
40、000÷1、000 =
40ミリ秒


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問30 目次 問32
ファーストマクロ TOPページ