平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問2
集合A、B、Cに対して A∪B∪C が空集合であるとき、
包含関係として適切なものはどれか。ここで、∪は和集合を、
∩は積集合を、はXの補集合を、また、X⊆Y はXがYの
部分集合であることを表す。

 ア (A∩B)⊆C
 イ (A∩)⊆C
 ウ (∩B)⊆C
 エ ()⊆C



【正解】 エ

A∪B∪C = であり、下図のGの部分である。
これが空集合である。
 

ア A∩B はCFの部分であり、Cの部分がCの部分集合に
 なっていない。
イ A∩ は@Dの部分であり、@の部分がCの部分集合に
 なっていない。
ウ ∩B はAEの部分であり、Aの部分がCの部分集合に
 なっていない。
エ 正しい。 は、Bの部分であり、Cの部分集合である。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問1 目次 問3
ファーストマクロ TOPページ