平成27年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問6
デマンドページング方式による仮想記憶の利点はどれか。

 ア  実際にアクセスが行われたときにだけ主記憶にロードする
   ので、無駄なページをロードしなくて済む。
 イ  主記憶に対する仮想記憶の容量比を大きくするほど、
   ページフォールトの発生頻度を低くできる。
 ウ  プロセスが必要とするページを前もって主記憶にロードする
   ので、補助記憶へのアクセスによる遅れを避けることができる。
 エ  ページフォールトの発生頻度が極端に高くなっても、必要な
   場合にしかページを読み込まないのでスラッシング状態を
   回避できる。



【正解】 ア

ア 正しい。Demand は、要求を意味する。
 
デマンドページング方式は、実際にアクセスが行われたときにだけ
 主記憶にロードする方式。無駄なページをロードしなくて済む。
イ 主記憶に対する仮想記憶の容量比を大きくするほど、
 ページフォールトの発生頻度を高くできる。
 デマンドページング方式に関係なくそもそもが誤り。
ウ 
プリページング方式は、プロセスが必要とするページを前もって
 主記憶にロードする方式である。補助記憶へのアクセスによる遅れを
 避けることができる。
エ ページフォールトの発生頻度が極端に高くなるとスラッシング状態と
 なる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問5 目次 問7
ファーストマクロ TOPページ