平成27年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問5
クラスタリングシステムで、ノード障害が発生したときに信頼性を
向上させる機能のうち、適切なものはどれか。

 ア  アプリケーションを代替ノードに転送して実行するための
   ホットプラグ機能が働く。
 イ  アプリケーションを再び動かすために、代替ノードを再起動
   する機能が働く。
 ウ  障害ノードを排除して代替ノードでアプリケーションを実行
   させるフェールオーバ機能が働く。
 エ  ノード間の通信が途切れるので、クラスタの再構成を行う
   フェールバック機能が働く。



【正解】 ウ

ア 
ホットプラグは、コンピュータの電源を入れたままでデバイスを
 抜き差しできることである。
イ 再起動している間、システムが利用できないので、
 信頼性を向上させる機能とは言えない。
ウ 正しい。
エ 
フェールバックは、予備機等で稼働していたシステムを元の状態に
 戻す機能のことであり、信頼性を向上させる機能ではない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問4 目次 問6
ファーストマクロ TOPページ