平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問48
プログラムのテストに関する記述のうち、適切なものは
どれか。

 ア 静的テストとは、プログラムを実行することなく
   テストする手法であり、コード検査、静的解析
   などがある。
 イ 単体テストでは、スタブから被検査モジュールを
   呼び出し、被検査モジュールから呼び出される
   モジュールの代わりにドライバを使用する。
 ウ トップダウンテストは、仮の下位モジュールとし
   てのスタブを結合してテストするので、テストの
   最終段階になるまで全体に関係するような欠陥
   が発見されにくい。
 エ ブラックボックステストは、分岐、反復などの内部
   構造を検証するので、全ての経路を通過する
   ように、テストケースを設定する。



【正解】 ア

ア 正しい。他にも人によるレビューや、コンピュータによる構文チェッカ、
 コードオーディタ、プログラム図式生成ツールなどがある。
イ 
ドライバから被検査モジュールを呼び出し、
 被検査モジュールから呼び出されるモジュールの代わりに
スタブを使用する。
ウ トップダウンテストでは、最初の段階で全体に関係するような欠陥が
 発見されやすい。
エ ホワイトボックステストの記述である。
 
ホワイトボックステストは、システムの内部構造の観点から、ロジックや制御の
 流れが正しいかを検証する。
 代表的な技法に「データフローテスト」や「制御フローテスト」があり、他にも
 「データ構造テスト」「クラス構造テスト」などがある。
 
ブラックボックステストは、システムの内部構造ではなく、機能仕様に着目し、
 様々な入力に対して、仕様どおりの出力が得られるかを検証する。
 代表的な技法に「境界値テスト」「デンジョンテーブルテスト」があり、他にも
 「ユースケーステスト」「状態変遷テスト」「データバリエーションテスト」などがある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問47 目次 問49
ファーストマクロ TOPページ