平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問46
モジュール分割の良否を、モジュール結合度の視点
から評価する場合、最も適切な記述はどれか。

 ア 共通データ領域は、全てのモジュールからアク
   セスできるようになっていることが望ましい。
 イ ソフトウェア全体のモジュール分割の良否は、
   モジュール間の結合度のうちで最も強いものが
   どのように分布しているかで判断するのが望ましい。
 ウ 直接の呼出し関係になっていないモジュール
   間で情報を交換するには、共通データ領域を
   用いるのが最も望ましい。
 エ 呼び出す側と呼び出される側のモジュール間の
   データの受渡しは、引数としてデータ項目を
   列挙するのが最も望ましい。



【正解】 エ

モジュール結合度は弱い方が良いプログラムとされており、モジュール結合は
弱い順に以下となる。
 データ結合 < スタンプ結合 < 制御結合 <
 外部結合 < 共通結合 < 内容結合

ア 共通結合は結合度が強くなるため望ましくない。
イ 結合度は弱いほど良い。かといって、モジュール分割の良否を
 最も弱いものがどのように分布しているかで判断したりはしない。
ウ 共通データ領域を用いるのが最も望ましいわけではない。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問45 目次 問47
ファーストマクロ TOPページ