平成26年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問43
家庭内で、PCを無線LANとブロードバンドルータを
介してインターネットに接続するとき、期待できるセキュ
リティ上の効果の記述のうち、適切なものはどれか。

 ア IPマスカレード機能による、インターネットからの
   不正侵入に対する防止効果
 イ PPPoE機能による、経路上の盗聴に対する防止
   効果
 ウ WPA機能による、不正なWebサイトへの接続に
   対する防止効果
 エ WPS機能による、インターネットからのウイルス
   感染に対する防止効果



【正解】 ア

ア 正しい。IPマスカレードはNAPT (Network Address Port Translation) を
 実装した時の名称である。
イ 
PPPoE (Point to Point Protocol over Ethernet) は、イーサーネット上で
 PPPを実現するためのプロトコルである。暗号化を行っていないため、
 経路上の盗聴に対する防止効果はない。
ウ 
WPA (Wi-Fi Protected Access) は、無線LANの暗号化方式の規格である。
 
WPA2 (Wi-Fi Protected Access 2) は、Wi-Fiアライアンスが認定した無線LANの
 暗号化方式の規格であり、AES暗号に対応している。
エ 
WPS (Wi-Fi Protected Setup) は、無線LANに端末を簡単に接続するための
 セットアップ規格のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問42 目次 問44
ファーストマクロ TOPページ