平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問66
“情報システム・モデル取引・契約書”によれば、ユーザ
(取得者) とベンダ (供給者) 間で請負型の契約が適切で
あるとされるフェーズはどれか。



 ア システム化計画フェーズから導入・受入支援フェーズまで
 イ 要件定義フェーズから導入・受入支援フェーズまで
 ウ 要件定義フェーズからシステム結合フェーズまで
 エ システム内部設計フェーズからシステム結合フェーズまで



【正解】 エ

システム化計画、要件定義は、
準委任型が適切であるとされる。
システム外部設計フェーズは、準委任型または
請負型が適切である。
システム内部設計〜システム結合フェーズは請負型が適切とされる。
システムテストフェーズは、準委任型または請負型が適切である。
受入・導入支援フェーズは準委任型が適切であるとされる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問65 目次 問67
ファーストマクロ TOPページ