平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問61
IT投資の評価手法のうち、バランススコアカードを用いた
手法を説明したものはどれか。

 ア IT投資の効果を正味現在価値などのキャッシュフローを
   用いて評価することによって、他の投資案件との整合性を
   確保する。
 イ IT投資をその性質やリスクの共通性によってカテゴリに
   分類し、カテゴリ単位での投資割合を評価することによって、
   経営戦略とIT投資の整合性を確保する。
 ウ 財務、顧客、内部業務プロセスなど複数の視点ごとに
   業績評価の指標を設定し、経営戦略との適合性を評価する
   ことによって、IT投資の効果を多面的に把握する。
 エ 初期投資の価値に加えて、後続のプロジェクトにおいて
   選択可能な収益やリスクの期待値を、金融市場で使われる
   オプション価格付け理論に基づいて評価する。



【正解】 ウ

ア 
NPV (Net Present Value = 正味現在価値) を用いた
 手法の説明と考えられる。
 NPVは、投資から生み出されるキャッシュフローの現在価値から、
 投資額の現在価値を差し引いて表す指標である。
イ 
ITポートフォリオを用いた手法の説明である。
ウ 正しい。
バランススコアカードは、組織全体の活動を、
 財務、顧客、業務プロセス、学習と成長の4つの視点に分けて
 展開し、課題の把握や解決を図る方法である。
エ リアルオプションを用いた手法の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問60 目次 問62
ファーストマクロ TOPページ