平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問59
外部委託に関するシステム監査において、経営破綻などに
よってソフトウェア資産のメンテナンスが受けられなくなることを
防ぐために確認すべき契約事項はどれか。

 ア 開発したソフトウェアの瑕疵 (かし) 担保責任条項
 イ 外部委託先のサービスを評価するための SLA 条項
 ウ 責任の所在を明確にするためのソフトウェア開発の
   再委託禁止条項
 エ ソフトウェアのソースコードなどを第三者へ預託する
   エスクロウ条項



【正解】 エ

ア 瑕疵担保責任条項を盛り込んでも、委託先の経営破綻などによって
 ソフトウェア資産のメンテナンスが受けられなくことを防ぐことはできない。
 ソフトウェアにおける
瑕疵は簡単に言うと、ソフトウェアの欠陥である。
イ 
SLA (Service Level Agreement) は、発注者とITアウトソーシング
 サービス提供者との間で、サービスの品質について合意した文書のことである。
 ソフトウェア資産のメンテナンスが受けられなくなることとは関係がない。
ウ 再委託禁止条項を盛り込んでも、委託先の経営破綻などによって
 ソフトウェア資産のメンテナンスが受けられなくことを防ぐことはできない。
エ 正しい。委託先が経営破綻した場合でも、ソフトウェアの
 ソースコードを委託元に開示することで、ソフトウェア資産の
 メンテナンスができるようにする。
 
エスクロウは取引の安全を保証する仲介サービスの意味である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問58 目次 問60
ファーストマクロ TOPページ